トップページ QSEについて  講師紹介  スケジュール 教室案内  問合せ・申込み
 
チェロ 清水唯史
 神奈川県出身、4歳からチェロを始める。桐朋学園大学音楽学部入学、 2016年卒業。在学中ダーヴィド・ゲリンガス氏マスタークラスを受講、 京都・国際音楽学生フェスティバルに桐朋学園大学代表として出演。 2016年アルネア・カルテットのメンバーとしてサントリーホール室内 楽アカデミー第4期生となり研鑽を積む。ザルツブルク=モーツァルト 国際室内楽コンクール2019 in Tokyo 第3位入賞。 現在、アルル音楽教室、宮地楽器音楽教室、ケーエムアーツ音楽教室の チェロ講師。 これまでチェロを臼井洋治氏、銅銀久弥氏に、室内楽をサントリーホー ル室内楽アカデミー・ファカルティメンバー、北本秀樹、加藤知子、 藤原浜雄、山口裕之、磯村和英、小森谷泉、藤井一興の各氏に師事。
バイオリン 熊野理恵子 
国立音楽大学器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。新日本フィルハーモニー交響楽団に5年間在籍。退団後はフリーの演奏家としてNHKテレビ出演、帝国劇場ミュージカルオーケストラのコンサートミストレスを務めるなど主にポップスのジャンルで活動。年に2〜3回のペースでサロンでのソロリサイタルを行う。数年前からジャズの勉強を始め、定期的にジャズライヴにも参加して活動の場を広げている。
 バイオリン 上敷領藍子
東京藝術大学音楽学部首席卒業後、同大学大学院修士課程を修了。マーストリヒト音楽院首席卒業。国内外で数々の賞を受賞。2016年に帰国し、国内外にてソロ、室内楽、オーケストラの客演など各分野において幅広く演奏活動をしながら、昭和音楽大学にてヴァイオリニストの音程について研究をしている。 京都コンサートホール登録アーティスト。
公式ホームページ http://www.kamishikiryoaiko.com/
ビオラ 川上拓人 
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学音楽学部卒業。
同校研究科、桐朋オーケストラアカデミー修了。ヴァイオリンを森川ちひろ、辰巳明子、バロックヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫、ヴィオラを佐々木亮、室内楽を磯村和英、店村眞積などの各氏に師事。「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」にてヘーデンボルクトリオと、「昭和音楽大学研究発表」にて小森谷巧氏と、「デビュー30周年記念竹澤恭子の室内楽」にて竹澤恭子、川本嘉子、横坂源の各氏と共演。プロジェクトQ・第16章出演。アルネア・カルテットメンバー。昭和音楽大学合奏研究員、洗足音楽大学演奏補助要員、聖徳学園演奏支援員。昭和音楽大学附属 音楽・バレエ教室、ケーエムアーツ音楽教室講師。サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。